PICKUP
Type-Cケーブルで悩んでません?

もうUSBの向きを気にしなくていいし、とってもスリム、電力も送れるしデータ送受信も爆速!USB Type-C最高!
次世代を担うにふさわしい規格であることは間違いないType-Cですが、そのポテンシャルの高さ故にユーザーの方は結局どうすれば使いこなせるの?ってなってるのではないでしょうか。

筆者もつい最近USB Type-Cケーブルを買ったら「ああっ、これ規格違うから動かない!」ってなっていました。というわけで、Type-Cケーブルについて色々失敗しまくったので、そんなお話をしたいと思います。

で、ケーブル何買えばいいの?

はい、結論いきましょ。USB Type-C 3.1 Gen2 オルタネートモード対応買って下さい。これが現時点でほぼ全てに対応するケーブルです。
ただ、このケーブルAmazonみてもあまり多くはないんですよね。

私が使ってるのがコレです。Amazon的に書くと
「 LOE usb c ケーブル PD 対応 5A ( USB 3.1 Typec Gen2 )最大 100W 出力 高速データ転送 10Gbps (1m ブラック) 」
です。
モニタ出力もデータリンクもきちんと動きます。そしてケーブルがメッシュ編みになってる!これ結構大事だと思うんですよね。ケーブルの取り回し意外と面倒で、挿しっぱなしならまだしもノートブックで持ち運んでは着け直して…ってやることを考えると少しでも楽したいです。メッシュ編みだとそこそこ柔らかくなるのでいい感じです。

私が探した中で、規格に問題がなくてメッシュ編みはこれだけじゃないかと

規格の話

USB3.1 Gen2でPD対応で100W出力で10Gbpsってなんなのわけわかんない!!ってなるとおもいます。説明していきましょう。

USB Type-Cとは

コネクタ形状がType-Cなんです。この平べったくて上下関係なく挿せるこの形状、これをそう呼んで規格としているということですね。なのでデータ通信とか、何A流せるとかは別の話なんです。ここがこの問題をややこしくしている最大の元凶でしょう。

データ通信速度

USB2.0が480Mbps
USB3.0が5Gbps
USB3.1が10Gbps
です。
bpsというのはbit per secの略で、1秒あたりに何bit送れるかということです。bpsの前についているMとかGとかはメガ、さらにその1000倍のギガです。
で、速さが変わることはわかったけどなにか困るの?という話です。
これはつなぐものによって変わります。例えばUSBメモリであれば転送時間が変わるだけで、送れることは送れます。
一方で動作不能に陥るものもあります。一番はディスプレイをUSB Type-Cで繋いだ時ではないでしょうか。ディスプレイというのは、1秒間に何回も画像を切替えているようなものなので、転送速度が遅いと追いつかないのでそもそも動作することができない、という事態に陥ります。
なので、一番困らないケーブルは一番速いUSB3.1Gen2です。

PowerDelivery

通称PDです。今までもUSB規格は電力送るってこともできたのですが、あくまで補助的なところからスタートしていました。それがType-CではPowerDeliveryとして大電流を流して、電源もデータもケーブル一本でまかなおうという形になりました。
今の規格だと100Wまでの機械なら動かせるということです(PDに対応していれば)。

オルタネートモード

はい、混乱の元その2です!USB以外の規格でもUSB-Cケーブルで送れるなら送ってしまおうという規格です。ThunderboltやHDMIはUSB規格でもなんでもないです。なので、もしモニタ繋ぎたいとかMacでThunderbolt使いたいというならオルタネートモード対応にしておくべきです。筆者が探したケーブルではUSB3.1 Gen2のものなら全部オルタネートモードついているようですが、確認はして下さい。

色々なケーブルを見比べてみる

左から

  • Mac付属のケーブル
  • Mauknci ナイロン編み被覆 type-c to type-c ケーブル 30cm USB 3.1 Gen2 USB PD対応 最大3A/60W C to C ケーブル 0.3m 短い
  • Mauknci ナイロン編み被覆 type-c to type-c ケーブル 30cm USB 3.1 Gen2 USB PD対応 最大3A/60W C to C ケーブル 0.3m 短い
  • Anker PowerLine+ USB-C & USB-C 2.0 ケーブル (0.9m レッド) 【PD対応】 Galaxy S9 / S9+ / iPad Pro (2018, 11インチ) / MacBook/MacBook Air (2018) / MateBook対応

真ん中2つはモバイルディスプレイもきちんと動作しました。右の赤いケーブルはAnkerのものですが、こちらはUSB2.0なんですね。きちんと確認せずに買ってしまったものです…
とはいえ、ケーブルの太さ、曲がりやすさはAnkerのものがダントツにいいです。給電目的であれば考慮してもいいと思います(Ankerは電源関係のメーカーですし)。

おすすめの記事