PICKUP
Applewatchの買い時っていつ?

Applewatch初代が出た時には、「え、腕時計にコンピュータのっけてどうするの?」と思ったものです。単純にどう役に立つのかイメージできなかったのです。通知が腕にくる?ポケットにiPhoneいれてるしなぁ、、、という感じです。そんなわけで私はApplewatch3まであまり魅力を感じていませんでした。

Applewatch4の登場

Applewatch4にしてやっとアイデンティティを確立できたのかなと思います。心拍計に加え、心電をモニターすることが出来るECGセンサーが付きました。これに伴ってApplewatchはFDAの審査も通っている医療機器となりました。ちなみにECGは心電図のことです。心臓って神経を通って電気シグナルで動作しているわけですが、それを測定できるというわけです。心臓の脈打つ回数を数えるだけではなく、きちんとメカニズムが動作しているかわかるようになるってことですね。

元々Applewatchはユーザーの健康状態をモニターするという要素があったものの、本格的に動き出したのはこの4からかなと思います。つまり、Applewatchは4から”健康管理が出来るスマートウォッチ”になれたんじゃないかなと思います。

しかしここで私達にとっては悲しい事態となります。

ECGは日本非対応

日本では残念ながらこのECG機能は使える状態になっていません。公式になんでなのか、というアナウンスがないため確実なことは言えません。各ニュースメディアなどを見ての推測ではあるが、日本は医療機器の申請が非常に難しいようです。恐ろしく煩雑な申請と、時間が必要、さらにアプリ更新やメカのVerUpごとに申請となるためApplewatch4のECG申請はまだ通っていないこの現状が発生していると思われます。

尚、現在アメリカとヨーロッパでは使えるようになっています。ガラパゴス化した日本でそもそもAppleは申請を出しているのだろうか?日本市場が小さいとは言わないが、実際のところ世界的に見た場合のシェアはやはりちっぽけです。願わくば日本市場を無視せずAppleが申請を出していてほしい、いつかECGが解禁されてほしいと祈るしかありません。ほんとお願いしますよAppleさん。

Applewatchが真価を発揮する時

Applewatchが真価を発揮するのはいつだろうか?私は独身ソロぼっち生活を貫いてます。また今後もそうそう変わりそうにないな、と少々悲しいがおもっていたりします。そんな私にこそApplewatchは真価を発揮するチャンスがあるのではないかと思ってます。

ApplewatchのECGは先述のように非対応なので、私の心臓がエラーを吐き出していても今の所気づくことはできません。しかしそれ以外にもApplewatchではおもしろい試みがなされています。

まず、転倒検知機能です。人が意図せず倒れた場合、それを加速度センサーが検知し、設定した番号へ自動でかけてくれるというもの。もちろん大丈夫だよって時にはApplewatchを触って中止することもできます。これ、一人暮らしの強い味方じゃないですか?

結婚推奨派の人によく言われるんです。何かあった時気づいてもらえないよと。でも私は言いたい。私の嫁、Applewatchなので、と。むしろ24時間見守っていてくれます(バッテリの問題はあるけど)。ご飯も必要ないですし、ぼっちライフを思う存分楽しませてくれます。ワタシ的にはこれ最高の嫁ですよ(結婚してる方ゴメンナサイ)。

他にも今問題になっている独居老人の方にもオススメかなって思っています。今問題ですもんね。私も死んだら関係ないのかもしれないけど、アパートの一室で腐乱死体になってご近所にご迷惑をかけるのは出来る限り避けたいなぁと日々思っております。それに、ECGがあれば心臓が止まりそうだよ〜という声が聞こえるようになるかもしれません。そしたら結果として寿命が伸びることも大いに期待できます。

つまり、Applewatchはうまいことすれば人生の良きパートナーになってくれるんじゃないかと思います。

買い時

さて、ではApplewatchの買い時はいつでしょうか。私にとってはECGがついて初めてApplewatchを伴侶にできると思っています。なので現状のApplewatch4でもECGが解禁されればそれが買い時だと思います。
でも、どうやら今年も9月ごろに新型でるんじゃない?と言われてます。なので私は9月まで待ってみようかなと思います。その間にきっと日本政府(with各省庁)が審査してきっちり通してくれるんじゃないかと!希望的観測ですが!!

というわけで結論としては無茶かもしれませんが、ECGが使えるようになった時が買い時頼むからApplewatch5が買い時になってください!ほんとおねがいします!!

おすすめの記事