PICKUP
広角?望遠?自分が欲しいレンズを分析してみる

あああぁぁぁあぁレンズが欲しい!レンズ交換式カメラの罪深いところです。

あのレンズを使えばどんな風に撮れるんだろう?そんなことを考えてしまったり。情報過多なご時世なので、このレンズだとこんなのが撮れる、このレンズだとあんなのが〜と様々飛び交っています。

いきなり大三元揃えるような人は別ですが、私としては悩みながらレンズを揃えていきたい。

ではあるのですが、自分のこともわからなくなるくらい錯乱してきたので、自分が標準ズームレンズを使った時にどのような傾向でレンズを使っているのか調べました。

調べる値

レンズは色々な要素が絡んできます。画角、遠近感、明るさ、ボケ量などなど。一方で撮る時のパラメータは、絞り、ISO感度、シャッター速度、焦点距離(ズームレンズ使用時のみ)といったとこでしょう。今回は、レンズの影響が大きい焦点距離を調べて見ました。

ヒストグラムを作ってみた

景色やら町並みやら、旅行にいくと様々なシチュエーションを撮ります。今回は、MFT12-40 F2.8(35mm換算24-80の標準レンズ)で旅行にいき、どういう傾向になるのかを見ました。

解析は撮影時の焦点距離をヒストグラム化して、グラフにしています。

横軸に焦点距離を12-40mmまで4mm間隔でとりました。縦軸は焦点距離ごとの使った回数です。

なんか、、、その、、、横並びだな。

役に立たんじゃないか(怒)

どうやら私が旅行に出ると、広角から望遠まで満遍なく使っているようです。35mm換算でいうところの50mm付近も使ってるようなので、本当に特徴のないグラフです。。。

もしかして私がヘタなだけ?

撮りたい光景をイメージして画角を決める、というのがまだまだできていません。

なので、自分の立ち位置からおーこんなんいいじゃんとかズームリングぐりぐりしているのでこうなった可能性は高いです。

または撮影技術を持った人と、持っていない人、それにポートレートのような、被写体が決まっているもの、スナップのようにシチュエーションが変わりやすいもの、風景のような無限遠でも変わるかもしれません。

撮影技術のある人と知り合いになれたら是非データ分析/比較させて欲しいです。

親切な人いたらtwitterにでも連絡下さい(笑)

おすすめの記事