PICKUP
HHKB Professional2 Type-S

キーボードにお金がかかっていないのは問題だ。

キーボードにコストかかってる時代もあったんです(うん十年前の話だけど。。。)

現在ではノートパソコンが主流であることや、PCに付属するキーボードをそのまま使っている人がほとんどじゃないでしょうか。

考えてもみてほしいのですが、キーボードは直接肉体に触れる部分です。であれば当然心地よいものであってほしいというのはある意味必然といってもいい。

。。。って友人知人に布教してるんですが、いまいちわかってもらえませんのでここでちょっとでも魅力を語ることができればと思います。

高級兼変態キーボード代表:HappyHackingKeybord(通称HHKB)

今回買ったのは、高級であり尚且変態枠に入るHappyHackingKeybordです。

押し心地は、静電容量スイッチというものが使われているので、スコスコっと押せて尚且押し返してくる感触もso goodなキーボードに仕上がっています。

うん、まぁ伝わらないよね。店頭で見かけたら触って見て下さい。

触りに行くなら予備知識をふんわり付けてからいくのがいいです。違いがわかるから。

というわけで、キーボードスイッチの種類です。

  • 静電容量方式 今回のHHKBがそうです。他には東プレRealForceシリーズくらいしか他にはありません。値段は大抵2, 3万はします。
  • メカニカルスイッチ 最近はゲーミングキーボードやらよく使われています。カタカタッッターンッができます。お値段的には1万円程度でしょうか。
  • パンタグラフ ノートパソコンについてるのがコレ。押し込みも跳ね返りもバネのような感触で、薄型にできる特徴があります。
  • メンブレン デスクトップPC買うとついてくるキーボードは大抵コレ。ゴムのドームを押し込むペコッっという感触になります。

HHKBの場合、安いモデルは静電容量方式じゃないので気をつけて下さい。Professionalシリーズだけが静電容量です。

HHKBが何故変態なのか

配列がいわゆるUNIX配列(Ctrlが「A」の横)で、尚且キー数が少ないから。

コレに尽きるので、全く万人にオススメできないキーボードになっています。

少なくともキー数が少ないことにメリットを感じ、尚且自分でカスタマイズしてなんぼという人以外はたぶん使わない方がいいとすら思う。

特に影響あるであろう特徴として、ファンクションキーがないのと矢印キーがないというところ。

UNIXユーザーなら使わんでしょ?と言わんばかりです。

一応打とうと思えば、Enterの下にあるFnキーと各対応キーを同時に押すことで入力できます。

個人的にはチルダとパイプラインが右上にあるのが少し違和感あるかな、、、と。Console使うなら頻出記号なので。

なんでこんな不便なキーボード使うの

小さいから。

コレに尽きます。手はホームポジションから動かさずに全てのキーにアクセスが可能です。

毎日タイピングしまくってるよって人には手を動かすのって煩わしいもんですが、そこを解消できます。

Fnキーがない?いらんでしょ。強いて言うなら日本語入力で英数字、カタカナに明示的に変換するときくらいでは。

矢印はGUI使うにあたってはよく使うので、不便だと思うことは正直結構あります。

あと、HHKB Liteなどは矢印キーもあれば左Fnもあるという、そこまでスパルタンではない配列になっています。

でもこれ静電容量スイッチじゃないのよね。なので却下。

ここらへんの省略されたキーが欲しい人は素直に別のキーボード(静電容量式がいいなら東プレ)使うのが良いと思います。

カスタマイズ例

キーの割当を設定することで快適にできます。

日本語入力時のFキーは、Ctl+任意など変更が可能です。

各種日本語入力ソフトにはオプション設定があるので、好みの設定をしましょう。私はF7とF10の2つを別のキーに割り当ててます。

BackspaceとDeleteが同じ位置にあるので、これはShift+で切り替えるようにしました。

さすがに右Fnでは同じ縦軸上にあるので打ちにくいのです。

左Fn無いのは結構痛手です。これだけはHHKBに文句を言いたい。

Fn使う場合は矢印を使う時だけなので、Ctl+hjklに割り当ててます。

一応矢印キーを割り当てたのですが、最終的には右Fnと同時押しで別にいいな、という結論に至ったので紹介するにはアレですけど。

キーボードの高さ

写真左側ボディ部までで13mmくらいあります。

なので、Filcoのウッドパームレスト30cmを使ってます。

これが高さぴったり、質感よし、価格もボチボチなんでいいのではないかと。

ウッドパームレストの高さはゴム足付けて15mmくらいです。

買って後悔している?

割とデメリットな点を書きました。

とはいえ、デメリットになってる点は同時にメリットにもなっている、そういうキーボードということです。

そこをわかった上で買ったので後悔は全然していないし、これからも長く付き合うキーボードになるんじゃないかと思ってます。

デメリットを強調したのは、色んなサイトでHHKBが紹介されポジティブなこと書かれてる(アフィリエイトも絡むんだろうけど)一方で、扱いは一般的なキーボードとだいぶ違うのが現実だからです。

使用シーンを想像してみて、イケルと思ったら是非買うべきキーボードなのは間違いないです。

全体的なキーの位置も、質感も、打鍵感も最高ですから。

PFUダイレクト – HHKB Professional2 Type-S

おすすめの記事